【架線上の忘れ物】「小林美術館」に置きチラシにご協力いただきました

今回、リサーチとともに置きチラシのご協力をお願いしています。
ご協力くださっている施設様・店舗様、ありがとうございます。

小林美術館(浜寺駅前)

ミュージアムショップ

日本画を専門とした美術館です。

館長の小林さんは塗料メーカーでの仕事を通して、塗料の質感に注目し、
その中で、岩絵具などの質感豊かな日本画と出会い、
「生で日本画に触れられる場所を!」と美術館をオープンさせました。

文化勲章を授与された画家の方々の作品など、実力のあった方々の作品がたくさん見られます。

塗料に関心を持ち、日本画に魅入られた小林さんのエピソードも館内にあります

私は日本画にライターの仕事でわずかにかかわった程度で、知識もほとんどありませんでしたが
それでも、今行われている企画展で特集されている女流画家の作品の中には、
ドキリとするような繊細な描写、そこを切り取るのかという機微な目線。

吸収できたものはたくさんありました。
ありがとうございました!

FacebookとTwitter上で情報を公開されているそうです。
阪堺線の終点から徒歩10分足らずで行けますので、是非行ってみてくださいね。

館内にはカフェもあるので、展示前後にゆっくり座って一緒に展示を見た人としゃべったりできますよ。

小林美術館
​〒592-0002 大阪府高石市羽衣2-2-30
〈南海本線「羽衣」駅・JR「東羽衣」駅より北西へ徒歩約4分、阪堺電車「浜寺駅前」駅より南西へ徒歩約8分〉
〈駐車場完備〉
開館時間 10:00 〜 17:00( 入館受付は16:30まで)
休館日  月曜日 (祝休日の場合は開館し、翌日休館)
※展示替えによる臨時休館あり

さて、今晩の配信は、置きチラシのために寄った場所、歩いた場所。
そのあたりの話を中心に行います。

アーティストがなぜフィールドワークをするのか、ということも話したいと思います。
今晩21:00から、youtube上で行います。
チャンネルはこちらです。時間になったらのぞいてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました