福井陽介(magi.)の経歴書

このページはまだ作成中です!
ひとまず重要な内容をもともとのページより転記しております。

作曲家・演奏家・音響・ミュージシャン・パフォーマーとして

*主な学習歴*
ヴァイオリン:
金沢裕久(スズキメソード)、久原菊子の両氏にヴァイオリンを師事
大西律子氏にヴァイオリンのピリオド奏法を師事
ヴィオラ・ダ・ガンバ:
周りに居た一流のガンビストから技を盗もうと見よう見まねで5年程度独力で学んだ後
2015年8月にフランス・ラストーにてパオロ・パンドルフォのサマーコースに参加
2015年11月より関西圏にてあるガンビストに師事

古楽アンサンブル:
大学の古楽アンサンブルに参加していたとき、チェンバリストの上尾直毅氏にアンサンブルを学ぶ機会を得る
また、2009年に行われた国立音楽大学発プロジェクト「オルフェオ研究会」に参加
オペラ「オルフェオ」(脚本:ストリッジオ、作曲:モンテヴェルディ)の研究・発表を通じて
大塚直哉、渡邊順生の両氏に古楽アンサンブルを学ぶ機会に恵まれる

オーケストラ:
高校時代に学生オーケストラにてコンサートマスターを勤めた後
2008年に「日本ユンゲオーケストラ」に参加(指揮:河地良智)
ドイツ・ニュルンベルクのマイスタージンガーハレにて演奏
同時に大学卒業まで出身高校の弦楽器セクションの指導を行う

舞台芸術:
学生時代にミュージカルやコンテンポラリーダンスを経験した後
2011―2013年、劇団阿彌にて岡村洋次郎の指導のもと演劇を学ぶ
2015-2017年、柔剣雷心会にて永野勝代表師範に古武道・古武術を師事

*主な所属団体*
2011年―現在:Margaret Maggie(プログレッシヴ・ロックバンド)
ヴァイオリニスト・ガンビスト、作曲家として参加
2011年―2012年:劇団阿彌(能楽・舞踏の要素を取り入れた純演劇を上演する劇団)
公演参加メンバーとして参加

*主な参加パフォーマンス作品*
・2009年9月
「憑ク夢幻」
大学のサークル活動の中で発表した10分程度のパフォーマンス作品
夢と現実に関する話をテーマに作曲・演出・出演全てを初めて行った作品
・2010年3月、4月
「過去の自分と共演する」企画:富士栄秀也 The “ロック” 食堂(東京)
1日目にパフォーマンスを行って映像の撮影を行い、2日目にその映像の「自分」と共演する
作曲・出演を行った
・2011年11月
「花札伝綺」原作:寺山修司 演出:為国孝和 王子小劇場(東京)
出演・演奏として参加
・2012年 4月
昭和神曲煉獄編ー少年少女心中 シアター バビロンの流れのほとりにて(東京)
劇団阿彌にて役者として参加
・2012年 11月
静かなる傾斜 シアター バビロンの流れのほとりにて(東京)
劇団阿彌にて役者として参加、劇中歌「鳥の歌」を作曲
賛助出演:佐藤ペチカ(舞踏)
・2013年11月
根耒裕子舞踏ソロ「風象の耳」 四ッ谷喫茶茶会記(東京)
作曲家として「深淵の桃源郷」を作曲、当日は音響として参加
・2014年6月
「とびらのすきま」 神奈川県内某マンションの部屋(神奈川)
演出として
あるマンションの一室にて「存在する」試みを行う
出入りは自由とし、空間の非現実性を体感させる試み
オフィシャルサイト:http/magipage.com/prj/tobira/
・2014年11月
「石っころと砂つぶの会話」 泰生ビル屋上(神奈川)
演出・音響として
オフィスビルの屋上に2人のパフォーマンスを存在させ、
観客と共に動きながら空間を体験させる試み
オフィシャルサイト:http/magipage.com/prj/ishisuna/

*販売中の作品*
・2013年6月 第一作品集「醒」
オフィシャルサイト:http://magipage.com/prj/sei/index.htm

*映像関係*
・2012年11月
Android/iOS用ゲームアプリケーション「パズル&ドラゴンズ(ガンホーオンラインエンターテインメント株式会社)」の
CM音楽作成(Margaret Maggie名義で原曲「錆び付いた機械文明」を30秒にアレンジ、提供)
CM映像:http://www.youtube.com/watch?v=YEAU7giiQts
・2011年3月
インディーズ映画「賛歌」(制作:golaikou)内のほぼ全楽曲作曲提供・役者としても出演
ウェブサイト:http://golaikou.com/
・2013年
王子ホールディングス株式会社様
王子の新素材3分シアター 楽曲制作・提供
紹介ページ:
http://www.ojiholdings.co.jp/r_d/new_material/index.html

*ゲーム関係*
2013年12月
Margaret Maggie名義で
オンラインゲーム「進撃の巨人 -反撃の翼- ONLINE」のゲーム内BGM(編曲用ベースのみ)、効果音作成
共同作業者(敬称略):Margaret Maggie、永井重行、畑 麦嶺(Contraption)
現在、サービス終了。
プロモーション映像:
https://www.youtube.com/watch?v=_NV3VM5ZQb4
ほか

ワークショップデザイナー・音楽ワークショップ開発者・ファシリテーターとして

学習歴:
2009年より青山学院大学の「ワークショップデザイナー育成プログラム」受講、2期~3期生として修了

*参加した主なワークショップのプロジェクト*
・2010年3月―2011年10月
「はら塾カフェ」
http://ameblo.jp/harajukucafe/
演劇、防犯、人権など、様々な分野のスペシャリストが企画するワークショップを通じて、社会人を中心に学びを創造する企画
主な開催場所はHRIインスティテュート(東京都渋谷区)だが、鹿児島県男女共同参画センター(鹿児島市)などにも出張している。
運営スタッフとして、またワークショップの企画者として以下の二つのワークショップを企画
「おとえほん」
身の回りにあるもので、いろんな音の鳴らし方があるという発見をしてもらう
また、グループで縛りのあるルール(文字と矢印だけで楽譜を作る)で作業することを通じて、チームワークを円滑にしていく
「ウィンドチャイムを作ってならそう!」
さまざまな素材による音の違いを体感し、また実際に部屋中に飾って好きな音が鳴っている場所を
歩き回って好きな音が最もよく聞こえる場所を探し、何気なく聞いている音に対して新たな体験を共有して楽しむ

・2011年7月―2013年2月
「みどりっこクラブ」
墨田区立緑小学校の放課後事業として、月二回以下のワークショップを開催。
「ダレドコ・オーケストラ」
ガラクタを組み合わせて自分だけの音が鳴る楽器を作り、面白い鳴らし方を発見して楽しむ。
さらに、演奏のルールは言葉のみで子どもたちが作り、慣れてきたら子どもがワークショップの主導権を握っていく。

・2010年8月―2011年3月
「動的瞑想交流研究会」
目白大学(東京)准教授の原田和幸氏の研究を手伝うためにワークショップを開催。
精神面で生きにくさを持つ人に対する箱庭療法として、発声・音の出るものを使ったリラクゼーションワークショップを開催

・2018年7月―8月
大阪市西淀川区の児童福祉施設にて初の連続ワークショップを開催。
発達・知的障害を持つ子供たちと一緒に楽器・楽譜を作り、最終日に発表を行う

・2018年10月~
「ダレドコ・パレード」を開発。
広い空間を使い、楽器を作り、参加者の中で楽譜を作りながらパレードを行い、
空間を盛り上げる試み。
2018年10月に兵庫県宝塚市にて、11月に大阪市此花区にて開催。
詳細記事・参考映像:
https://magiweb.net/633/%e5%ae%9d%e5%a1%9a%e9%9f%b3%e6%a5%bd%e5%9b%9e%e5%bb%8a%e3%81%a7%e3%81%ae%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97%e3%80%8c%e6%a5%bd%e5%99%a8%e3%82%92%e4%bd%9c%e3%81%a3%e3%81%a6/

ライターとして

2013年より、電子書籍の構成の仕事を始める。
その後、フリーランスのサイトにて、まとめサイトのライティング業務・翻訳の仕事を受注。

現在は自分のサイトでできるだけライティングを行っている。