音楽ワークショップ事例 #05 「子どもたちとうまく関われなかった教育関係者が、子どもたちのプラスになることを随時判断して関われるようになった話」

こんばんは。マギです。
最後のエピソードになります。

きょうのハイライト!

  • 放任でもなく、頭ごなしに教え込むでもなく。ちょうどいいバランスをとれるようになった教育関係者の話

やりたい放題だけじゃ、良い場にはならない

先に言ってしまいますが。
今日の記事は、私自身のことです。

正直、私自身も常に新しい発見がありながら、
「音楽を一緒にやる」というこの仕事をさせてもらっているなぁ、と感じるのです。

最初に音楽を一緒にやるということをやりはじめたとき、 私は放任気味というか、「なんでもあり!」とやっていました。

ただ、「なんでもあり」だけでは、やりたい放題やって終わりになってしまう。
達成感とか、そういうのがまったくついてこなかったら?
そもそも子どもたちはそういう場にいて、どう感じるだろう?

縛りすぎることにビクビクしていた私。
でも、先日の記事のように、 子ども達は何かしら「やりたい」というものを持ってきてくれる。
それに、自分で目標に向かって進んでいく力を持っている。

なんだ、後押しするだけでいいんじゃないか。

そして、私自身も、なんども繰り返しているうちに
「どう後押ししたら、この子の時間が豊かになるだろう?」
コロナウイルスなどなどで、外出が難しい状況になってネットで授業している環境でも
「音楽はさておき、そもそもいまこの子に必要なのは何か?」

と繰り返し問い続けることで、 ここ最近はありがたいことに、まともに音楽を伝える仕事ができていると思います。

自分の知識を伝えるのではなく、つくりたいものにあわせる、一緒にやれる馬が欲しい

音楽をつくる、ということを学ぶ場合
あくまで、答えを見つけるのは自分という話をしましたが。

私も含めて、その立場にいる人がそういう姿勢で音楽を一緒に作れているか?
それをいつも授業前後に問うています。

私は子どもたち本人ではないので、完璧にやることは無理。
それでも、私がやりたい方向ばかりに誘導せず、 どこまで、「後押し」に徹することができるか?

自分のプロフェッショナルとしての意見は伝えつつ、 どうやってその子がのびのびと、得意分野を活かしながら創作に没頭できるか?
どう伝えれば、その子と一緒に、より良い音楽を作ることができるのか?
何より、その子自身が何を欲しているのか?

問いは尽きません。
それでも、2009年にワークショップを自分で企画はじめてから10年以上経ち、 ようやく、まともなことができるようになってきたかな、と思います。

子どもたちのおかげですし、 開催をサポートしてくださった方々のおかげです。

――お読みいただき、ありがとうございます!

何度も申し上げますが、私もワークショップを研究する過程の最中にいます。
その中で、参加してくれた子どもたちと一緒に楽しくできることを精一杯やる。それだけを考えてます。

が、私自身、いろんな子どもたちと関わって、本当に多くのことを学んでいます。
そして、その学びを多くの子どもたちに還元したいと思っています。

「何か表現したいけど、できない…」
「自分の気持ちを何か形にして伝えたいけど、自信が持てない」
「学校の勉強をすることに疑問があって、何か他のことを学んでみたい」
「いま、学校にはいられないけれど、何かにチャレンジしてこの状況から抜け出したい」

あるいは、
「最近つまんないから、変わった大人に出会いたい」
という欲求も満たせるかと思います。笑

そんな子どもたちに、音楽をつくる以上の時間を、と考えています。
いつでも、どこでも。 最近は、その思いがあまりにも強くて笑

あたらしい「オンラインで学び合う作曲ワークショップの場づくり」に向けて。聞きたいことを募集します

はじめに「オンラインで音楽ワークショップするで!」と伝えて、とりあえず概要をSNSで公開してから
「何するのかまったくわからん」
「結局参加したら何が得られるの?」
というお声をたくさんいただきました。

いままでやったことを伝えたことで、少しは私の考えを伝えられたでしょうか。

一応、企画に関するページをもういちど、あげておきます。
今の所、こんな感じで考えてはいる、という感じです。
(募集の概要など、ほとんどが仮の状態です。確定ではありません)

今までの記事をお読みいただいて、かつ、私が11月から始める予定の
家にいながら音楽をつくり、
自分が表現したいことを表現していく経験から学ぶ 「オンラインで学び合う作曲ワークショップ」について、
何か気になった方。

あるいは、単純にこういう変わったことをしてるマギに質問がしたい方。

以下のURLのフォームか、コメントからご質問・ご感想をお寄せいただければ幸いです
https://forms.gle/PeYgmriBKTcTRnjz8

あす10/31(土)、私のワークショップ企画のfacebookページにて
ライヴ配信を行いますので、質問にお答え&ご感想へのリアクションをさせていただこうと思います。
(アンケートにお答えくださった方にのみ、メールにてfacebookページのURLをお送りいたします)

また、以下のメールマガジンかLINE公式アカウントに登録していただいても、続報をお送りすることができます。

・メールマガジン「音工房〇 ワークショップ情報」 http://eepurl.com/dNwb6g

・LINE公式アカウント「音工房〇」
https://lin.ee/ZjZiV9K

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

nine − two =