宝塚音楽回廊でのワークショップ「楽器を作ってパレードする ダレドコ・パレード」終了!

宝塚音楽回廊でのワークショップ、無事終了!

宝塚音楽回廊でのワークショップが無事、終了しました。

今回は関西に移住後、初めての自主的なワークショップでした。
自主的な実施のパターンだったため、記録を自分でとったり、
自分で好きなようにプログラムを組むことができました。

そのため、今回ははじめて、
私の記録を公の場に公開することができます!

映像編集には時間がかかりそうなので、
もう少しお待ちくださいね。

追記:11/05 映像編集しました。

映像を撮り、当日の運営も手伝ってくれた、
普段はライヴコーディングによる電子音楽を奏でている
中島康祐くんに今一度感謝申し上げます。
ありがとう!

どんなワークショップだったの?

簡潔にいうと、

楽器を作って、

完成させて、

楽譜を作って、

パレードする。

今回は大人の方が参加するというパターンがなく、
子供達が参加して、親御さんがその様子を見る、
といった感じでした。

親子同時でやるやり方もあるんですが、
そこまでやるとなるともう少ししっかりした仕組みと人員が必要で。。
今回は見送りました。

楽器作りは、一人一人、子どもたち(や、ご家族ひっくるめて)が、
自分なりに工夫を加え、楽しく進めてくれました。
小さなものから大きなものまで、いろんなものが出来上がっていました!

初めての試み、パレード

「音楽フェスでパレード!?」

はじめ、宝塚音楽回廊のスタッフ、奥田さんと
打ち合わせしながら出て来たこのアイデア。

自分でもどうやったら楽しくなるか。
どうやったらシンプルで、すぐ取り組めるか。
日銭労働の最中も、
お店やってる最中も、ずっと頭の片隅で考えておりました。

結果、わかりやすく、小さい子でもすぐできそうで、
巻き込めそうなアイデアが出て来ました。

音楽の要素をだいぶ簡略化した感じです。
「拍子を数字で決める」
「拍子の終わりにやることをきめる・掛け声を決める」
「途中感じを変える方法を決める」
これだけです。

あとは練習を一回一回、しっかりやってから行進する。

だれないように、一回分を決めたらすぐやる。
飽きる前に一回分終わり、また次の内容を決める。

これだけ。
あとは当日の子供達の理解の具合や、
テンション、様子を見て、細かく仕掛けるタイミングを決める。

半分以上即興でやる感じになりました。
でも、それが功を奏したのか、うまくいったなと思っています。

より当日の様子が伝わる映像での報告も後日アップします!

次回の開催は?

11/18(土)、11:00-15:00
此花区民ホールでのマルシェイベント
「コノハナmarche Color.s」に参加します。
詳しくはまた書かせていただきますね。

ワークショップをうちで開催してほしいと思った方、
ワークショップに興味がある方、
お声がけお待ちしております!

また、引き続き、ワークショップに役立ちそうなことを
ここで発信していきたいと思っています。

続報をお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 4 =