私の最近の練習法。目標を具体化・数値化

 

ヴァイオリンやクラシックの事で笑いを取っているオーストラリア在住のyoutuber、
「Twoset Violin」が作った
「Practice Journal」という練習ノートがある。
※二人ともクイーンズランドの音大出身
Twoset Violinのチャンネルはこちら
ものすごくシンプルで、その日の目標を書き、
練習後にうまくいったこと、次の日の練習目標を書くという仕組みになっている。
コンクールに神童を輩出したヴァイオリン教師も使っているらしい。
自分の場合、最初に書いた目標を達成するために
何をやったらいいかという事を考えるのが苦手なので、
ちょっとアレンジして、
「今日の目標の為に、何(どの本の何ページ)をどれだけ(分・回数単位で)やるか」を
具体的に書いたうえで、練習の順番も決める、という方法を取る事にした。
分量を数値化して、具体的に書くのがミソ。その時間のうちは何があっても集中できるし、自分でガイドできる。
スポーツ選手やビジネスの人も目標設定の時によくやる手法じゃないだろうか。
練習時間が少し短くなっても、密度は高くなるし、
集中度も、練習後の疲れも強くなる。夜に練習して、休憩中に寝そうになるくらいには。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × 5 =