児童福祉施設でワークショップ!08 ゴールまで行きました。でも、ゴールとは?

 

2018.08.23 大阪市内某所の児童福祉施設にて
.
五日目のワークショップ、最終日でした。
写真は打ち上げ写真です。
公開の許可があれば楽しんでいるみんなの画像を見せたいところなのですが…すみません笑
.
今回は台風でプログラムを短縮しての開催となりましたが
一区切り着いたかな、という感触。
.
楽譜を作り、発表会をやる!という体で行いました。
発表会、というと、子ども達はもう緊張して緊張して。
そんな中でも、なんとか発表会をみんなができる範囲でやることができました。
.
最後は退職した職員の方々も来てくれて、
みんなで退職する職員さんにありがとうの歌を贈ろう!と
施設長の方主導でサプライズ。
.
台風のバタバタや緊張する子ども達の対応など、色々あったけど、
最後は楽しい感じで終えられました。
.
.
ゴールをどこに設定してやっていくのか、ということは
毎回ワークショップをやるたびに考えます。
今回は確かに開催時間は短くなってしまったものの、
スタッフさんが自分達で演奏をリードできるような
状態になったところを見ることができたので、
一つ目的は達成できたかな、と思いました。
.
.
最終的に、ワークショップをやった場所で、
ワークショップやそこでやったワークを自分でできるようになったら、
もうそこで自分はやることはない!おめでとう!
って気分になってます。
.
.
私が設定している目的は
自分たちで遊び方を見つけてもらうことで、
遊び方を教え続けることではないと思っています。
.
.
一方で、やり続けることで現場が変わってくる一面もあるので
引き続き何か行うことができればと思っております。
.
今後も何かの機会があれば、ここの施設で
ワークショップを行ってみたいです。
.
.
さて、今週末はまた別の場所で小学生向けのワークショップをやります。
どうなるかなー
.
#ワークショップ #音あそび #音楽療法 #子ども向けワークショップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =