誕生日までのこと、誕生日からのこと

 
昨日、また一つ歳をとりました。
お誕生日のメッセージを下さった方、ありがとうございます。
.
そしてその二日前、
雨漏りした家の修繕が終わったので、
荷物を友人の協力のもと運び入れ、
帰ってきました。
こうしてベランダでふたたびパイプをゆっくり吸える幸せ。
.
.
息子が生まれてから、難病の発覚。
私自身の発達障害も今年になって発覚し、
その上に地震による一足早い被災から雨漏り。
.
それが、自分の持って生まれた器質的障害とわかったから
まだ良かったものの、
これほどイレギュラーに弱いとは思いませんでした。
.
次に災害が襲ってきたら、私は精神的に生き残れるか。
そんな言葉が頭をよぎりました。
.
そのためにも、一つ一つやり遂げたいことをやり、
生きるための「仕組み」を作りながら、
自分の精神的土台を固めたり、覚悟を決めること。
それがこの先一年の急務だと自覚しました。
.
幸いにも、今までお会いした人の中にも、
まだ見ぬ人の中にも、
自分を、ある意味「コンテンツ化」して生きている人がいる。
.
.
そうした人たちとつながりながら、
自分のやりたいことを第一にして
日銭も補助的に稼ぎながら
しっかり、土台を固めます。
.
したくないこと、ピンとこないことはできるだけしない。
できること、やりたいことを第一に考えて進める。
休むときはしっかり休む。だらけるときはしっかりだらける。
飽きた頃には、自分のエンジンはぐっとかかるようになっているはず。
.
.
まず、自分のコンテンツ化を進めます。
どこまでいけるかはわからないけど、
こっちにきてから、徐々に人に伝えるスキルがみについてきているのだから
きっちりとやっていきます。
.
.
やりたいことをやることは、とても怖いことでもある。
でも、やらないことの方が、その後が恐ろしい。
.
今日も生きていきましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eighteen − fourteen =